いらっしゃいませ。 ログイン または 新規会員登録.

最新ニュース

新型リリース- Emuse & Salus -とクーポンキャンペーンのお知らせ
❖2020.11月 コート&ワンピース2型リリース シルエットがきれいなラップコートEmuseと今年らしさを意識したワン... 続きを読む
0 コメント
パンツの前あきファスナーを回避して簡単に作る
パンツってなかなか縫わない。 なぜなら面倒だから。というお声をお聞きします。 つまり前あきのフライフロントがよくわからないので面倒ということだと思います。 それなら左脇あきに変更してしまいましょう。 方法は... 続きを読む
0 コメント
Emuse エミューズ~メイキング
❖Emuse エミューズ  テーラードカラーのラップコート ... 続きを読む
ヘッドライン

Frilla フリラ~メイキング

Frilla フリラ~メイキング

❖Frilla フリラ

/image/data/blogs/making_frilla_balleta/IMG_5554.JPG

綿や麻の夏のドレスが欲しいと思って作ったものです。

1:生地の仕入れ

生地の仕入れはだいたいシーズンの初めに行ってます。
イタリアからのインポート生地が多いので生地商社さんの仕入れタイミングにあわせて
春夏シーズン、秋冬シーズンの初めにそのシーズン用に1度に仕入れます。

今年の春夏は2019年の11月頃仕入れたと思います。
色の傾向は引き続き明か暗なら明、暖色か寒色なら寒。
”ラグジュアリー”という言葉が謳歌された過去4~5年前の10年間はピンク系が圧倒的でしたが
いまは”心地よい”とか”ボタニカル”とかゆるくて優しくて自然に回帰、
草木を思わせるようなブルーグリーンが引き続き流行継続中。

で、こちらの生地はコットンローンに花の刺しゅう。
淡い色のグラデーションで着ていてリラックスできそうな優しい雰囲気。

コットンに刺しゅうというとスイス産と思ってしまうのですが
こちらはイタリア製。
 

2:生地にあったデザインを考える。

上は企画の第一段階のイメージスケッチ。
夏用に涼しくロマンティックな感じにしたいと思いました。

右の絵のようにフリル無しにするとやや辛目になります。
秋口にとろーんとした濃紺のポリエステルなどでシンプルなドレスにしてもいいかもしれません。

生地の要素って~

・組成(綿とか麻とか
・織り
・色・柄
・厚み
・垂れ感(ドレープ性
・柔らかさ(硬さ
・原産国(他の用件が同じでも原産国が異なると風合いも違う)
などさまざまありまして イメージしているシルエットを出せるかはこの生地選びにかかってきます。

因みに今回リリースするFrilla。
夏用には以下のような生地を選ぶといいと思います。

#綿か麻混のローン
#薄くて透けない
#淡い色合い(これはお好みで。晩夏~初秋は黒や濃紺がいいですよ。


3:パターンメーキング

写真撮ってないのですが両身でトワルを組んでます。
初期は右半身のみで作っていたのですがもうずっと両身にしてます。

というのも、半身だとボディにかけてトワルチェックをすることになるのですが
これがなんかピンとこない。上がってみるとかなりイメージ違うし。
で両身で私が着用しています。
袖とか身頃のシワなんてのは最後ボディで直すのですがアウトラインは着てみて動かないと
美しさがどこにあるのかわからないですしねー。

*余談
トワルを着て鏡の前でこの服を美しく見せるにはどうしたら、と考えながら
ポーズをとるのを繰り返すと服を着こなすのが上手になりますよ。
服をかっこよく着るにはこのポージングが非常に大事でつまり身のこなしですね。
鏡に正面立ちで直立ではどんな体系に恵まれた人でも服が似合いません。

Frillaのパターンで気を遣ったところ~
#ピンタックの間隔、長さ
 これは立体になって実際に両身で確認しないとバランスがおかしくなりがちです。
 ダーツ、タック、ポケットなどの位置は両身で着用してみないと位置決めが難しいです。
 平面で製図する方はこういうデザイン線だけは仮縫い時に確認して修正すると完成度が上がるのでお薦めです。
#フリルの巾、倍率
 ギャザーフリルは倍率1.5という鉄の法則があるのですがそれも生地やデザインにより変えます。
 ちなみにこちらは1.5倍。
#天巾・天下がり
 昨今の衿ぐりは狭ければ狭いほどよい。
 クルーネックは原型あたりを通り越してややハイネック気味のものもちらほら。
 ということで例にもれずこちらもかなり狭めになってます。天下がり(衿ぐり縦の距離)は
 動いたときに食い込まない程度に少しだけ下げてあります。


記:企画 中村

 


関連商品
お薦めブログ


   ​


payment methods
Annee Patterns © 2020